運営推進会議 H26年3月報告書

日時: H26年3月26日 13:30~14:30

会場: グループホーム稗原

出席者(人数)

利用者代表 0人 有識者  1人
利用者家族 0人 高齢者あんしん支援センター職員 1人
地域住民の代表 4人 出雲市職員 1人
その他(第三者委員1名・職員3名) 4人

議題①利用状況

    入居者 18名  男性利用者 2名  女性利用者 16名

    平均介護度 3.27

    平均年齢 85.8歳(72~97歳)

議題②行事報告

   2/2  節分・豆まき

   2/17  避難訓練 

   2/22  2月誕生日会

   2/24  ドライブ(立久恵峡)

   3/3  雛祭り

   3/5  稗原小学生来所

   3/20  南中学職業体験・奉仕活動

・ドライブは目的地で車から降りなかったとしても、帰ってこられた時に「今日はいい運動をしたわ」と言われる。気分が変わるよう。

・小学校2年生が来所した後、1年生から行きたいとの要望があったようで、翌週1年生も来てくださいました。何が良かったのか教員に尋ねると「褒め上手なおばあさんの声かけが嬉しかったよう」とのこと。小学生も素直なお子さんが多く、手を取ったりして交流している。

・中学生もきちんと目線を合わせて話しをしていた。昨年も体験で来られ、後からお手紙をいただいた。「お兄さん・お姉さんがかっこよかった」という意見があり、こちらもこの仕事に持っていただけるよう努めた。

議題③看護師より利用者状況報告

・利用者A様、94歳。受診先にて反応がなくなる。看取りになり、24時間点滴始まる。

今朝明け方より動きが出てきた。今夜より食べられるもの、提供するよう医師より指示あり。点滴は続行。

・新しい利用者M様、食事介助者に囲まれたテーブルではなかなか食事が進まなかったが、自力摂取者ばかりのテーブルに移動すると一人で食べられるようになる。

・ミキサー食提供の利用者I様、頻繁に空腹を訴えられる。飲み物、軽いものを出したり、お話ししたりして対応している。

 

議題④意見交換

・職員の年齢層が下がった。若い人は自分も楽しんでレクリエーションをしている。

・職員が定着しない。人材の確保に苦労している。

・空き部屋続くと経営的に苦しい。以前より問い合わせが減った。

Q:節分の行事、利用者は理解しているか?混乱はなかったか?

A:わかっていない方もおられたかもしれないが、かなりの方は理解されている。混乱はなかった。しかし固形物を食べられない利用者もおられるので、本物の豆を使うのは危険だった。今後は何かで代用する。

Q:24時間点滴で抵抗されることはないか?

A:足から点滴を入れている。現在されている方は抵抗されない。

Q:現在待機者がいないとのことだが、島根県の特養待機者は4200人もいるとか。

A:グループホームは経済的に入れないという人が多い。日中独居者は多いよう。

Q:利用者は男性・女性どちらが多いか?

A:やはり女性が多い。男性は寿命が短いこともあるし、女性が在宅で面倒を看ているケースが多いのではないだろうか。男性は女性と比べて施設を嫌がる傾向がある。

Q:消費税の影響は?

A:介護保険の介護報酬は値上げされた。経費は苦しくなるが、とりあえずは食費など上げずにやっていきたい。

地域密着型(介護予防)認知症対応型共同生活介護事業所

■グループホーム稗原

【電話】 (0853)48-9045

【担当者】 守屋 (もりや)

【ファックス】 (0853)48-9008

通所介護事業所

■稗原デイサービスセンター

【電話】 (0853)48-9055

【担当者】
 守屋・川上

【ファックス】
   (0853)48-9066

【営業日】
  月曜日~土曜日(祝日含む) 

【営業時間】
  8:30~17:30

【サービス提供時間】
  9:30~16:30
【休業日】
   日曜日・年始(1/1~1/3) 
【通常の送迎実施地域】  
  出雲市

■所在地

〒693-0104

島根県出雲市稗原町1724

→ 詳しいアクセスマップはこちら

グループホーム稗原 運営推進会議