運営推進会議 H25年3月報告書

日時: H25年3月 13:30~14:30

会場: グループホーム稗原

出席者(人数)

利用者代表 0人 有識者 0人
利用者家族 0人 高齢者あんしん支援センター職員 1人
地域住民の代表 1人 出雲市職員 0人
その他(第三者委員0名・職員4名) 4人

議題①利用状況

    入居者 17名  男性利用者 4名  女性利用者 13名

    平均介護度 3.06

    平均年齢 82.8歳(62~91歳)

議題②行事報告

  1. 事業所のサービス利用状況について その他報告  柳原朝子
  2. 行事報告  内田祐奈
  3. 認知症の本人が語るということ「扉を開くクリスティーン・ブライデン」について  西尾範子
 
意見交換

Q.認知症という病により不安を訴えられるか?

A.夕方になるとより不安は強くなられるようで、帰りたいと訴えられる。

   気持ちは若い頃に戻っておられ、親の世話をしないといけない、

     子供たちが待っていると話される。

 

Q.どのように対応されているか?

A.その方の頭の中にある時代に話を合わせて聴くようにすると、

   少しずつ不安が消えていくようでいきいきされる。

     しかし、だんだんと要介助の利用者様が増えてきたため、

     個別ケアが難しくなってきているので、検討すべき課題である。

 

Q.2月3月と防災訓練をされているが職員のみで行っているか?

A.3月は出雲消防の方に来てもらい、地域の方にも協力して頂きながら指導してもらう

     はずだったが延期になった。2か月とも夜間想定で職員は2人(各ユニット1人)、

     協力してもらえる利用者様には出入り口まで避難訓練して頂き、介助を要する利用者様は      職員が代わって対応するという方法で行った。

 

Q.長崎のグループホームで火事があった。この施設の設備は整っているか?

A.スプリンクラーが各居室にも完備してあり、昨日点検にも来てもらって問題なかった。

 

Q.受診の対応はどのようにされているか?

A.前回外部評価で指摘もあり、ご家族様にできるだけ協力してもらうようにしている。

     看護師が古瀬医院にメモで状態報告し、ご家族様に直接今の治療方針や対応を

     ドクターから話してもらうようにしている。

 

Q.今後の行事計画としては何か挙がっているか?

A.来月花見を計画しているが、風邪の流行や低体温などの体調不良の利用者様が

     現時点で多いため、考えていく必要がある。

 

意見:いつもはもっと利用者さんがおられるが、今日は体調不良の方も多いようで、

         顔が見れず残念だった。

 

意見:夜間は職員1人で9名の対応をするというのはとても神経を使うと思うし、

         責任がいると感じた。2ユニットあることで協力し合えるのは、

         職員にとっての不安軽減につながると思う。

地域密着型(介護予防)認知症対応型共同生活介護事業所

■グループホーム稗原

【電話】 (0853)48-9045

【担当者】 守屋 (もりや)

【ファックス】 (0853)48-9008

通所介護事業所

■稗原デイサービスセンター

【電話】 (0853)48-9055

【担当者】
 守屋・川上

【ファックス】
   (0853)48-9066

【営業日】
  月曜日~土曜日(祝日含む) 

【営業時間】
  8:30~17:30

【サービス提供時間】
  9:30~16:30
【休業日】
   日曜日・年始(1/1~1/3) 
【通常の送迎実施地域】  
  出雲市

■所在地

〒693-0104

島根県出雲市稗原町1724

→ 詳しいアクセスマップはこちら

グループホーム稗原 運営推進会議